臨床試験情報

臨床試験ID : jRCTs072230003
情報提供元 : jRCT(Japan Registry of Clinical Trials;臨床研究実施計画・研究概要公開システム)
試験名 : 次世代シーケンサー「Ion Torrent™ Genexus™ Integrated Sequencer」によるがんゲノムパネル検査の臨床応用に向けた臨床研究
試験の概要 : 「Ion Torrent™ Genexus™ Integrated Sequencer」によるがんゲノムパネル検査を担癌患者に実施し、当院におけるがんゲノムパネル検査の臨床応用に向けた基礎的データの獲得を目的とする。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 乳癌、胆膵癌、肺癌、頭頚部癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 久留米大学病院
試験のフェーズ 第Ⅱ相
試験進捗状況 準備中
公開日・最終情報更新日

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない
選択基準 (1) 乳癌、胆膵癌、肺癌、頭頚部癌と診断された患者。(2) 年齢、性別、既往歴、併存疾患、病期は問わない。(3) Eastern Cooperative Oncology Group (ECOG) Performance Status (PS)0または1である。(4) 患者本人が本研究参加に同意している。
除外基準 (1) 同時に2つ以上の癌(多発癌)を有する場合(2) 活動性の重複癌が存在する場合(5年以上の無再発期間がある患者、上皮内癌に対する根治的治療後の患者は登録可能)(3) 重篤な合併症を有する場合(4) 同意能力を欠く場合(5) 試験責任(分担)医師が本試験の対象として不適切と判断した場合

問い合わせ先

実施責任組織 久留米大学病院
問い合わせ先組織名 久留米大学病院
部署名・担当者名 外科学講座 藤吉 健司
電話・Email 0942-31-7566 fujiyoshi_kenji@med.kurume-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 診断
介入の詳細 保険診療外の採血を実施する
主要な評価項目・方法 FoundationOne® CDx がんゲノムプロファイルとIon Torrent™ Genexus™ integrated sequencerの遺伝子変異検出の感度および特異度
副次的な評価項目・方法 (1) Genexus-Oncomine Comprehensive Assay v3とGenexus- Oncomine Precision Assayの遺伝子変異検出の感度および特異度(2) 外科手術による血中腫瘍遺伝子変異の経時的変化(3) 外科手術による血中核酸濃度の経時的変化(4) 臓器別/病期別の遺伝子変異の特徴(5) 臓器別/病期別の血中核酸濃度の違い(6) 臓器別/病期別のGenexus-OCAv3とGenexus-OPAの遺伝子変異の違い(7) cfTNAについての適正な品質管理法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター