臨床試験情報

臨床試験ID : jRCT1041230004
情報提供元 : jRCT(Japan Registry of Clinical Trials;臨床研究実施計画・研究概要公開システム)
試験名 : 頭頸部腫瘍術後に対するアセトアミノフェン定期使用による術後鎮痛効果の検証
試験の概要 : 頭頸部腫瘍の手術症例に対して術後アセトアミノフェン定期投与による術後疼痛管理を行い、その有効性(鎮痛効果)と安全性(有害事象)についてアセトアミノフェン定期使用導入前と比較検討する。主要エンドポイントは術後疼痛のVAS評価(術当日、術後1,2日目)、副次エンドポイントは術後Day2までの頓用鎮痛薬(NSAIDs)の使用回数、経口摂取量、有害事象発生割合とする。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 頭頸部腫瘍(耳下腺腫瘍、甲状腺腫瘍)
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 金沢大学附属病院
試験のフェーズ 第Ⅱ相
試験進捗状況 募集中
公開日・最終情報更新日

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 頭頸部腫瘍全身麻酔下による手術症例年齢が20歳以上Performance Status (ECOG)が0又は1当該臨床研究への参加にあたり十分なインフォームド・コンセントの後に、患者本人の自由意思による文書同意が得られている
除外基準 過去にアセトアミノフェンでアレルギー既往のある患者アスピリン喘息を有する患者肝機能障害、血小板減少を有する患者アセリオ定期投与までに参加拒否の意思を示した患者その他、医師の判断により対象として不適当と判断された患者

問い合わせ先

実施責任組織 金沢大学附属病院
問い合わせ先組織名 金沢大学附属病院
部署名・担当者名 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 遠藤 一平
電話・Email 076-265-2000 endok@med.kanazawa-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細 頭頸部腫瘍術後 6時間毎にアセトアミノフェン(アセリオ)の点滴静注(15分)   体重≧50㎏ アセリオ1000mg/回    体重<50kg アセリオ15mg/kg/回 (一日最大投与量 60mg/kg)術後2日目まで施行 total 9-10回投与
主要な評価項目・方法 疼痛VASスコア(術当日、術後1日目、2日目)
副次的な評価項目・方法 入院期間、術後経口摂取量(主食、副食の平均)、術後Day2までの頓用鎮痛薬(NSAIDs)の使用回数、有害事象

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター