臨床試験情報

臨床試験ID : jRCT1040210096
情報提供元 : jRCT(Japan Registry of Clinical Trials;臨床研究実施計画・研究概要公開システム)
試験名 : 免疫関連有害事象における肝炎と硬化性胆管炎の比較
試験の概要 : 免疫関連有害事象における肝障害は、肝炎としてステロイド治療が行われ、ステロイド反応性がよいことが知られている。しかし、硬化性胆管炎はステロイド反応性が悪いことから、肝炎と硬化性胆管炎の臨床的特徴を比較することが重要となる。硬化性胆管炎の頻度は、0.8%と低いことが報告されていることから、多施設のデータ収集を要する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 胃癌・大腸癌・肺癌・リンパ腫・泌尿器癌・婦人科癌・乳癌・MSI-H固形癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 磐田市立総合病院 浜松医科大学医学部附属病院
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 募集中
公開日・最終情報更新日 2021/11/27

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 免疫療法を施行した患者
除外基準 none

問い合わせ先

実施責任組織 磐田市立総合病院
問い合わせ先組織名 磐田市立総合病院
部署名・担当者名 消化器内科 瀧浪 将貴
電話・Email 0538385000 masaki.takinami@gmail.com

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 肝炎と胆管炎の臨床経過
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター