臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000049242
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 頭頸部がんにおけるF-18 FBPA-PETとF-18 FDG-PETの比較研究
試験の概要 : PET製剤であるフルオロボロノフェニルアラニン(F-18 FBPA)を静脈内投与しPET装置で撮像することにより、画像上の集積程度から頭頸部がんのL型アミノ酸トランスポーター1(LAT1)の発現を推定し、日常診療で実施するF-18 FDG-PETにおけるF-18 FDGの集積程度と比較する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 頭頸部がん
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 大阪大学医学部附属病院(大阪府)
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 限定募集中
公開日・最終情報更新日 2023/05/10

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 頭頸部がんと診断されており、手術を実施予定の患者、または放射線治療後の患者を対象とする。また、日常診療の中でFDG-PETが実施済み、または実施予定で、本人により本研究の参加について文書による同意が得られている患者を対象とする。
除外基準 1. 未成年の者 2. 妊婦および授乳中の被験者または妊娠を希望する者 3. その他、不適当と判断した者

問い合わせ先

実施責任組織 大阪大学大学院医学系研究科
問い合わせ先組織名 大阪大学大学院医学系研究科
部署名・担当者名 放射線統合医学講座 核医学 渡部
電話・Email 06-6879-3461 watabe.tadashi.med@osaka-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 診断
介入の詳細 PET薬剤投与
主要な評価項目・方法 PET/CTを用いて全身の放射能分布を測定し、F-18 FBPAの頭頸部がんへの集積程度を定量的に評価し、F-18 FDGの集積程度と比較する。
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター