臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000048941
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : PDT治療施行患者の長期経過に関する臨床的検討
試験の概要 : OSCCおよびEDに対するPDT治療後の長期的(PDT施行後5年以上経過症例)な観察を行い、その再発率、頸部リンパ節転移の有無、他臓器遠隔転移の有無を明確にすることを目的とした。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 口腔扁平上皮癌 口腔上皮異形成
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 開始前
公開日・最終情報更新日 2022/09/15

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 1. 2008年4月1日から2013年12月31日までの期間に長崎大学病院口腔外科で早期OSCC、EDに対してPDT治療を施行した患者 2. 扁平上皮癌、上皮異形成の病理診断が得られている患者。 3. PDT処置後に定期診察を5年以上継続して行われている患者。 4. 年齢不問
除外基準 外科療法後の再発症例に対してPDT治療を施行している症例

問い合わせ先

実施責任組織 長崎大学病院
問い合わせ先組織名 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
部署名・担当者名 顎口腔再生外科学 楢原
電話・Email 095-819-7704 narashun@nagasaki-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 OSCCおよびEDに対してPDT治療施行5年以上経過症例の治療成績(局所再発の有無、頸部転移の有無、遠隔転移の有無)および予後(疾患特異的生存率、全生存率)について。
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター