臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000046590
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : マルチループトラクションデバイスを用いた早期大腸癌に対する粘膜下層剥離術の有用性・安全性に対する単施設前向き観察研究
試験の概要 : マルチループトラクションデバイス(Multi-loop traction device: MLTD)はTTS(through the scope)でデリバリー可能で、牽引範囲の調整やトラクションの追加が可能となるトラクションデバイスであり内視鏡的粘膜下層剥離術(endoscopic submucosal dissection: ESD)の手技の簡素化や、内視鏡治療件数が少なく技量のさほど高くないトレイニーにおいても安全にESDを完遂可能となることが期待されるデバイスである。MTLD使用下での大腸ESDの安全性や有効性につき検討する事を目的とした。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 早期大腸癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2022/01/08

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 (1)術前に大腸内視鏡検査を行い内視鏡診断もしくは、病理組織学的に早期大腸癌と診断し、予測深達度がTis(粘膜内癌)〜T1a(SM浸潤距離1000μm未満)と考えられ、ESDを施行した患者。(2)本人から自由意志による文章同意が得られた患者
除外基準 (1)早期大腸癌の再発病変や遺残病変を治療目的とする患者。(2)早期大腸癌が虫垂開口部または憩室内に及ぶ患者。(3)早期大腸癌が小腸または肛門管に及ぶ患者。(4)研究責任者、研究分担者が本研究の参加について適切でないと判断した患者

問い合わせ先

実施責任組織 都立駒込病院消化器内科
問い合わせ先組織名 都立駒込病院
部署名・担当者名 消化器内科
電話・Email 0338232101 aki-tko@cick.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 ・内視鏡所見(肉眼型、局在、大きさ)・内視鏡治療内容(ESD施行医の熟練度、使用ESDナイフ、局注液内容、治療時間)・偶発症の有無
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター