臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000046032
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 免疫チェックポイント阻害薬における血液関連有害事象のリスクに関するメタアナリシス解析
試験の概要 : 固形腫瘍に対する免疫チェックポイント阻害薬による血液関連有害事象の出現率に関するシステマティックレビューとメタ解析の実施

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 全固形腫瘍
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 開始前
公開日・最終情報更新日 2021/11/10

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 英語の論文のみ組込みを行う。それ以外の論文(英文以外の論文、短報、学会抄録など)は除外する。並行群間個別ランダム化比較試験(RCT)を対象とするが、クラスターRCTやクロスオーバーRCTは対象外とする。3つ以上のアームを持つ試験も基準を満たしていれば組込みを行う。優越性試験とともに、非劣性試験も含む。任意のフェーズのRCTを含むが、安全性に関するデータを報告していない試験は除外される。主な組み入れ基準は以下の通りです。(1)成人患者を対象とした、ICIを含む群と対照群を含むRCT。対照はプラセボまたは非プラセボに分類した。非プラセボ薬は、化学療法を含む。(2) 複数のアームを持つ試験で、少なくとも1つのアームにICIが含まれているもの。(3)血液学的AEの結果を示した試験。
除外基準 (1)システマティックレビューまたはメタアナリシス論文。(2)後ろ向き研究。(3)対照群を持たない単一の前向きコホート研究。(4)非RCT。(5)再発表された研究文献は、除外基準に記載された有害事象に関連する新しい知見を含む研究でない限り除外する。(6)文献調査の時点で安全性に関する結果を十分に示していない研究。(7)英語以外の言語で発表された研究。2人の研究者が独立して、論文タイトル、アブストラクト、および内容の適格性を審査する。最終的な組み入れは、2人の研究者の間での不一致を解決した後に決定される。

問い合わせ先

実施責任組織 横浜市立大学大学院医学研究科
問い合わせ先組織名 横浜市立大学大学院医学研究科
部署名・担当者名 幹細胞免疫制御内科学
電話・Email 045-787-2630 kaoru_t@yokohama-cu.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 ICI治療に伴う血液有害事象の出現リスク
副次的な評価項目・方法 ICI治療に伴う血液有害事象の出現頻度

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター