臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000045844
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : Vulnerable大腸がんに対する化学療法の実態調査
試験の概要 : 実地臨床におけるvulnerableな切除不能進行・再発大腸がん患者に対する化学療法の治療実態を調査する

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 大腸癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 近畿大学病院 石川県立中央病院 九州大学病院 聖マリアンナ医科大学 神奈川県立がんセンター 四国がんセンター 名古屋医療センター 関西医科大学附属病院 筑波大学附属病院 恵佑会札幌病院 神戸市立医療センター中央市民病院 九州がんセンター 国立がん研究センター中央病院 大分大学医学部附属病院 岸和田市民病院
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2021/10/24

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1) 組織診または細胞診で診断された結腸または直腸の腺癌(虫垂、肛門管はのぞく)2) 転移性または局所進行のため臨床的に根治切除不能と判断されている3) 2015年6月1日から2018年12月31日までに根治切除不能病変に対して1次治療としてvulnerableレジメンを開始している※1 術前・術後に行われた周術期化学療法は1次治療にカウントしない4) 1次治療開始時の年齢が20歳以上5) 1次治療開始時のECOG performance statusが0〜26) 担当医によりfitと判断されない
除外基準 1) 担当医もしくは研究責任医師が本研究への登録は不適切と判断する

問い合わせ先

実施責任組織 石川県立中央病院
問い合わせ先組織名 近畿大学病院
部署名・担当者名 腫瘍内科
電話・Email 072-366-0221 seiichiro.mitani@med.kindai.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 2次治療における無増悪生存期間
副次的な評価項目・方法 1次治療における奏効割合、無増悪生存期間、病勢制御割合、治療成功期間、全生存期間2次治療における奏効割合、病勢制御割合、治療成功期間、全生存期間、Grade 3以上の有害事象3次治療における全生存期間Vulnerableと判断された理由

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター