臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000043899
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 進行固形悪性腫瘍患者に対するAIマルチオミックスを活用したバイオマーカー開発の多施設共同研究
試験の概要 : 進行固形悪性腫瘍患者の腫瘍組織に対して全エクソームシークエンス(Whole Exome Sequencing:WES)、全トランスクリプトームシークエンス(Whole Transcriptome Sequencing: WTS)、免疫組織化学(Immunohistochemistry: IHC)等を行い、多層的に分子異常を解明する。併せて血中循環腫瘍由来核酸(circulating tumor nucleid acid:ctNA)に対しても薬物療法前後のWES/WTSを行うことで、時空間的不均一性についても網羅的に評価するほか、薬物療法後の進行時(施行中または計画的治療完遂時を含む)にWES/WTS/IHC を行うことで治療抵抗性の機序について評価する。またそのプロファイルと臨床病理学的因子、臨床経過(治療歴や奏効割合、無増悪生存期間、治療成功期間、全生存期間等)等の関連について人工知能(Artificial Intelligence: AI)等を用いて解析することで、固形悪性腫瘍の分子生物学的本態を反映したバイオマーカーを創出する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 進行固形がん
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 国立がん研究センター東病院(千葉県) 愛知県がんセンター(愛知県) 大阪大学医学部附属病院(大阪府) 金沢大学附属病院(石川県) がん研究会有明病院(東京都) 杏林大学医学部付属病院(東京都) 国立病院機構九州がんセンター(福岡県) 慶應義塾大学病院(東京都) 近畿大学病院(大阪府) 埼玉県立がんセンター(埼玉県) 国立病院機構四国がんセンター(愛媛県) 静岡県立静岡がんセンター(静岡県) 聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県) 千葉県がんセンター(千葉県) 北海道大学病院(北海道) 筑波大学附属病院(茨城県) 関西労災病院(大阪府) 九州大学病院(福岡県) 神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター(神奈川県) 大阪医療センター(大阪府) 香川大学医学部附属病院(香川県) 埼玉医科大学国際医療センター(埼玉県) 神戸市立医療センター中央市民病院(兵庫県) 岐阜大学医学部附属病院(岐阜県) 大阪医科薬科大学病院(大阪府) 島根県立中央病院(島根県) 関西医科大学附属病院(大阪府) 京都桂病院(京都府) 大阪国際がんセンター(大阪府) 大阪急性期・総合医療センター(大阪府) 三重大学医学部附属病院(三重県) 済生会福岡総合病院(福岡県) 徳島大学病院(徳島県) 広島大学病院(広島県) 市立豊中病院(大阪府) 東京慈恵医科大学附属病院(東京都)
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2021/05/20

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1. 同意取得時の年齢が20 歳以上である2. 病理組織学的に進行固形悪性腫瘍と診断されている3. 根治治療不能である4. 本研究の参加について、患者本人から文書で同意を得ている5. 以下のi、ii のいずれかを満たすi. 一次薬物療法施行前ii. 薬物療法施行中に増悪し、次治療として指定の標的療法が予定されている6. Eastern Cooperative Oncology Group performance statusが0又は17. 腫瘍組織ホルマリン固定パラフィン包埋(Formalin Fixed Paraffin Embedded: FFPE)検体を本研究に提出可能である8. 重篤な併存疾患を有しない(例:コントロール不良な糖尿病や感染症、症状を有する間質性肺炎や肺線維症等)9. 登録日から12 週以上の生存が期待される10. 組織ゲノムプロファイリング、血液ゲノムプロファイリングやIHCの結果に応じた研究的な治療を受ける意思がある
除外基準 1. 同種造血幹細胞移植又は臓器移植を受けた既往がある2. 妊娠している3. 登録前3 年以内にその他の悪性腫瘍の既往を有する4. 担当医が本研究への登録が不適であると判断する

問い合わせ先

実施責任組織 国立研究開発法人国立がん研究センター東病院
問い合わせ先組織名 国立研究開発法人国立がん研究センター東病院
部署名・担当者名 頭頸部内科
電話・Email 04-7133-1111 tafujisa@east.ncc.go.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 i. 腫瘍組織における遺伝子異常、RNA発現、バイオマーカー、タンパク質発現等のプロファイルii. ctNAにおける遺伝子異常、RNA発現、バイオマーカー等のプロファイルiii. 血液における生殖細胞系列遺伝子異常のプロファイル
副次的な評価項目・方法 i. 腫瘍組織における遺伝子異常、RNA発現、バイオマーカー、タンパク質発現等のプロファイルと臨床病理学的因子、臨床経過との関連ii. ctNAにおける遺伝子異常、RNA発現、バイオマーカー等のプロファイルと臨床病理学的因子、臨床経過との関連iii. 血液における生殖細胞系列遺伝子異常のプロファイルと臨床病理学的因子、臨床経過との関連

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター