臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000043675
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 大腸内視鏡的粘膜下層剥離術後潰瘍の縫縮に関する多施設共同ランダム化比較第III相試験
試験の概要 : 大腸ESD後潰瘍の縫縮における、非縫縮に対する有効性・安全性評価

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 大腸腫瘍
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 第Ⅲ相
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2021/06/03

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 (1)スネアEMRによる一括切除が困難な径20〜50mm大の大腸腫瘍(2)同意取得時において年齢が20歳以上の患者(3)Performance status (ECOG)が0,1,2のいずれかである(4)抗血小板薬、抗凝固薬内服患者では周術期にガイドラインに沿った休薬ができる場合(周術期の管理は「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」および「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン 直接経口抗凝固薬(DOAC)を含めた抗凝固薬に関する追補2017」に準拠する。)(5)本人または代諾者から自由意思による文書同意が得られた患者
除外基準 (1)術前診断においてT1b癌が疑われる大腸腫瘍(2)内視鏡治療後の局所再発患者(3)炎症性腸疾患,家族性大腸腺腫症患者(4)血小板減少、凝固系異常および出血傾向の異常の既往がある患者(5)妊娠中あるいは妊娠の可能性のある女性(6)研究責任者、研究分担者が本研究の参加について適切でないと判断した場合

問い合わせ先

実施責任組織 総合病院国保旭中央病院
問い合わせ先組織名 総合病院国保旭中央病院
部署名・担当者名 消化器内科
電話・Email +81479638111 a292miyaka2007@yahoo.co.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 縫縮群非縫縮群
主要な評価項目・方法 後出血率(重度)後出血率(軽度)
副次的な評価項目・方法 後穿孔率Post-ESD coagulation syndrome発生率縫縮時間縫縮に要したクリップ個数・クリップ種類病理診断切除時間切除速度一括切除率完全一括切除率治癒切除率抗血栓薬内服状況

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター