臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000043319
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 脊椎転移に対する二回目の定位放射線治療に関する第二相試験
試験の概要 : 体幹部定位放射線治療歴を有する脊椎転移に対する二回目の定位照射の安全性を探索的に評価する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 脊椎転移
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2021/07/21

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1) 病理学的もしくは臨床学的に脊椎転移が認められる2) ターゲットとなる脊椎、もしくはそれと隣接する脊椎に定位照射の治療歴がある3) MRIで脊椎転移の再燃、隣接脊椎であれば転移の新出が確認されている4) 原発病変は放射線高感受性(悪性リンパ腫、形質細胞腫、胚細胞性腫瘍)でない5) 前回の定位照射から6か月以上経過している6) 1時間の安静臥床が可能である(鎮痛薬の使用を推奨する)7) 6ヶ月以上の生命予後が期待できる(徳橋スコア9点以上を参考)8) 試験参加について文書により同意が得られている
除外基準 重篤な合併症を有する。

問い合わせ先

実施責任組織 東京都立駒込病院(臨床研究室)
問い合わせ先組織名 がん・感染症センター 都立駒込病院
部署名・担当者名 放射線診療科治療部
電話・Email 03-3823-2101 keiito@cick.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 30Gy/5回のSBRT
主要な評価項目・方法 二回目の定位照射 1年後の用量制限毒性発生率
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター