臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000042746
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 遺伝子多型による膵癌、および大腸癌に対する3剤併用療法の副作用予測因子の前向き観察研究
試験の概要 : 遺伝子多型によって膵癌、および大腸癌に対する3剤併用療法の副作用予測因子を前向きに検証する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 膵癌、および大腸癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 山口大学大学院 消化器・腫瘍外科学
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2021/02/01

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 研究参加施設で切除可能、切除不能を問わず(原発性の)膵癌、または大腸癌を発症している患者で、以下の選択基準を全て満たすもの。1)性別不問2)同意取得時において年齢が20歳以上の患者3)本研究の参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、本人の自由意思による文書同意が得られた者4)研究参加施設で以下のa)~c)のいずれかの治療を施行予定または施行中の患者a) 膵癌、または大腸癌に対してフルオロウラシル、イリノテカン、オキサリプラチンの3剤併用療法(膵癌に対してFOLFIRINOX療法、または大腸癌に対してFOLFOXIRI療法)b) 膵癌に対するゲムシタビン+nab-PTX併用療法c) 大腸癌に対するFOLFIRI療法、またはFOLFOX療法
除外基準 なし

問い合わせ先

実施責任組織 山口大学大学院 消化器・腫瘍外科学
問い合わせ先組織名 山口大学大学院
部署名・担当者名 消化器・腫瘍外科学
電話・Email 0836-22-2264 kknsd@yamaguchi-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 副作用予測因子の探索
副次的な評価項目・方法 治療効果判定の予測因子の探索

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター