臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000042056
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 腹腔鏡下結腸手術後における腹腔内ドレーン留置が術後QOLに及ぼす影響に関する研究
試験の概要 : 腹腔鏡下結腸術後における腹腔内予防的ドレーンが術後QOLに及ぼす影響について検討する

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 結腸手術
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 滋賀医科大学医学部附属病院 (Shiga University of Medical Science Hospital)
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 開始前
公開日・最終情報更新日 2020/10/08

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 腹腔鏡下結腸手術をうける患者
除外基準 腹膜炎を有する患者 1秒率50%未満の重篤な肺疾患の患者 NYHA III以上の重篤な心疾患を有する患者 登録時にHbA1c 8.0以上の糖尿病の患者 Child分類でB以上の肝硬変を有する患者 登録時に血清Cr が2mg/dlの腎機能障害の患者 透析中の患者 減圧されていない術前腸閉塞の患者 登録前28日以内にステロイド製剤を全身投与された患者 インフォームド・コンセントが取得できない患者 アンケートに答えることのできない患者 緊急手術の患者 担当医が適切でないと判断した患者

問い合わせ先

実施責任組織
問い合わせ先組織名 滋賀医科大学
部署名・担当者名 外科学講座
電話・Email 077-548-2238 hqsurge1@belle.shiga-med.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 腹腔内ドレーンを留置する
主要な評価項目・方法 術後3日目におけるSF-8精神的健康スコア
副次的な評価項目・方法 術前SF-8肉体的健康スコア 術前SF-8精神的健康スコア 術後3日目のSF-8肉体的健康スコア 術後5日目のSF-8肉体的健康スコア 術後5日目前のSF-8精神的健康スコア 術後1ヶ月のSF-8肉体的健康スコア 術後1ヶ月のSF-8精神的健康スコア 感染性合併症の発生率 入院期間 術後疼痛 術後1日目のNRS 術後3日目のNRS 術後5日目のNRS 術前のSF-8の8つの下位尺度(身体機能、日常役割機能、体の痛み、全体的健康感、活力、 社会生活機能、日常役割機能(精神)、心の健康) 術後3日目のSF-8の8つの下位尺度(身体機能、日常役割機能、体の痛み、全体的健康感、活力、社会生活機能、日常役割機能(精神)、心の健康) 術後5日目のSF-8の8つの下位尺度(身体機能、日常役割機能、体の痛み、全体的健康感、活力、社会生活機能、日常役割機能(精神)、心の健康) 術後1ヶ月のSF-8の8つの下位尺度(身体機能、日常役割機能、体の痛み、全体的健康感、活力、社会生活機能、日常役割機能(精神)、心の健康)

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター