臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000041565
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 結腸癌患者に対する腹腔鏡下結腸切除術において体腔内吻合・体腔外吻合の在院日数を検討する多施設共同ランダム化比較試験
試験の概要 : 体腔内吻合の体腔外吻合に対する術後在院日数の優越性を検証する

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 結腸癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 横浜市立大学附属市民総合医療センター(神奈川県) 横浜市立大学附属病院(神奈川県) 横須賀共済病院(神奈川県)
試験のフェーズ 第Ⅲ相
試験進捗状況 開始前
公開日・最終情報更新日 2020/08/26

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 (1) 術前に組織学的に結腸癌と診断されている患者(腺癌、扁平上皮癌、腺扁平上皮癌、神経内分泌腫瘍を含む)(2) 腫瘍が盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に存在し、腹腔鏡下結腸切除術が予定されている患者(3) 腫瘍最大径が8cm以下である患者(4) 術前の臨床診断でStageI〜IIIと診断されている患者(5) 全身状態がECOGのPerformance StatusでGrade0〜2の患者
除外基準 (1) 過去に大腸(結腸、直腸)の切除術が行われている患者(2) 吻合をDouble Stapling Techniqueで行う予定の患者(3) 人工肛門を造設する予定の患者(術前にすでに造設されている場合は術後も人工肛門が残る患者)(4) 腸閉塞状態の患者(5) 重複癌により多臓器の同時切除を予定している患者(6) 大腸の多発癌により2か所以上の吻合が予定される患者(7) Activeな腹腔内感染を有する患者(8) コントロール不能な重篤な並存症を有する患者(9) その他、担当医により研究に参加できないと判断された患者

問い合わせ先

実施責任組織 横浜市立大学附属市民総合医療センター
問い合わせ先組織名 横浜市立大学附属市民総合医療センター
部署名・担当者名 消化器病センター
電話・Email 045-261-5656 shogot@yokohama-cu.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 体腔内端端吻合を行う群体腔内側側吻合を行う群体腔外吻合を行う群
主要な評価項目・方法 術後在院日数
副次的な評価項目・方法 吻合時間

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター