臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000041562
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 単施設ランダム化比較試験
試験の概要 : 大腸内視鏡において、音楽が患者に与える影響を前向きに検証する

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 大腸腫瘍
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2020/08/26

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 大腸疾患(疑い)にて大腸内視鏡を予定している。大腸内視鏡検査を初めて行う試験参加についてご本人に文書による同意がえられている。
除外基準 腹部手術の既往がある。過去に大腸内視鏡検査を受けたことがある。大腸内視鏡時に鎮静剤もしくは鎮痛剤を使用する。腹痛、下痢、血便などの症状がある。難聴などの聴覚障害がある。抗精神薬、抗不安薬内服中である。Performance status ≧3である。その他、試験担当医が不適当と判断する

問い合わせ先

実施責任組織 愛知医科大学
問い合わせ先組織名 愛知医科大学
部署名・担当者名 消化管内科
電話・Email 0561623311 mebi@aichi-med-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 予防・検診・検査
介入の詳細 大腸内視鏡検査中に音楽を患者に聴かせる検査前、検査後にアンケート(STAI,VAS)を行う
主要な評価項目・方法 音楽群と非音楽群のSTAIの大腸内視鏡前後の変化量の差
副次的な評価項目・方法 音楽群と非音楽群のVASスケールの差、音楽のバイタルサインに与える影響、音楽の大腸内視鏡挿入時間に与える影響、音楽の盲腸到達率に与える影響、性別による苦痛軽減効果の違い、年齢による音楽の影響の差、

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター