臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000041487
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 大腸内視鏡的粘膜下層剥離術におけるアンダーウォーター法の有用性についての検討
試験の概要 : 本研究の目的は、大腸の表在性腫瘍の患者を対象にunder water法がnon-expertにおける大腸ESDの安全な完墜施行に寄与するか明らかにするものである。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 大腸腫瘍
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2020/08/20

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 大腸(盲腸・結腸・直腸)の一括切除可能と考えられる腺腫または腺癌を有する症例で、ESDを施行する予定の症例を対象とする。
除外基準 1)20歳未満2)妊婦3)重篤な基礎疾患をもつ者4)抗血栓薬内服者5)局所再発例

問い合わせ先

実施責任組織 獨協医科大学
問い合わせ先組織名 獨協医科大学
部署名・担当者名 内科学 (消化器)講座
電話・Email 0282-86-1111 k-akira@dokkyomed.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 結腸直腸腫瘍に対して従来法を用いてESDを行う。結腸直腸腫瘍に対してunder water法を用いてESDを行う。
主要な評価項目・方法 non-expert術者におけるunder water ESD法の完墜率
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター