臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000041473
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 若年男性のがん患者、造血細胞移植患者及び免疫疾患患者における妊孕能温存のための精子凍結保存
試験の概要 : 妊孕能温存希望患者に対して精子凍結を臨床研究として実施し、その有効性、安全性を検証する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 血液疾患を含むがん患者、SLEなどの自己免疫疾患
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 限定募集中
公開日・最終情報更新日 2020/08/20

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男
選択基準 悪性疾患や自己免疫疾患に対する治療により、将来的に精巣機能不全が予想される患者長期間生存が見込まれる症例思春期発来以後の症例
除外基準 同意が得られない患者本研究のために現疾患の治療開始が遅延する患者その他担当医師が本試験の対象として不適当と判断した患者

問い合わせ先

実施責任組織 京都大学
問い合わせ先組織名 京都大学大学院医学研究科
部署名・担当者名 器官外科学講座 婦人科学・産科学分野
電話・Email 075-751-3269 a_horie@kuhp.kyoto-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 採精、精子凍結保存
主要な評価項目・方法 凍結前の精子数・運動率、凍結融解後の精子の状態
副次的な評価項目・方法 凍結精子の受精率、妊娠率、患者の原疾患や治療内容・年齢・合併症が凍結前後の造精機能や内分泌機能に与えるリスクを評価する

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター