臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000041401
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 固形癌術前治療 における線虫 C. elegans を用 い た効果判定の有用性に関する研究
試験の概要 : 固形癌術前治療 における線虫 C. elegans を用いた効果判定( NーNOSE )の有用性を検討する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 食道癌、胃癌、大腸癌、膵臓癌、乳癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 開始前
公開日・最終情報更新日 2020/08/12

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 岐阜大学医学部附属病院外科にて術前療法(化学療法、および放射線療法)を施行する症例。観察研究のため、レジメンに関しての減量、休止、再開、治療コース設定、レジメンは設けないメン変更に関する制限は設けないが、解析に際しその詳細を記録しておく。登録は20 歳以上。ただし 70 歳 以上 でも治療が可能 あるいは必要 と判断される場合は本人に十分な説明のもと 治療を行い登録可とする。対象癌腫は、食道癌、胃癌、大腸癌、膵臓癌、乳癌とし、各診療チームで術前療法の適応と判断された症例 Conversion 症例も可とする 。 測定可能病変があることが望ましいが、最終的な適応は診療チームでの 検討を優先する。臨床試験や治験参加症例に関しては、参加する試験プロトコールに抵触しないことが確認された症例。研究参加について患者本人 もしくは家族 から同意が得られている症例。遠隔転移巣が確認され、手術適応になく、抗癌剤治療を開始する症例においても、臨床研究参加とする。 Conversion 手術となる場合までのレジメン数は設けないが、一般的に多数レジメンの可能性は極めて少ないと思われる。
除外基準 "(1) 担当医の判断で、医学的に 術前 治療 の 導入 が困難と思われる症例(2) 臨床研究 参加の同意が得られない症例(3) 活動 性の 重複癌 同時性重複癌および無病期間が 5 年以内の異時性重複癌 を有する症例(4) 重篤な合併症(うっ血性心不全、冠不全、心筋梗塞・狭心症や治療を要する不整脈等の心疾患、脳血管障害の既往、制御不良な糖尿病、腎不全、活動性肝炎や肝硬変、肝不全など )、胸部単純 X 写真および胸部 CT で明らかな間質性肺炎または肺繊維症を有する症例(5) 活動性の全身性感染症(HCV及びHBVを含む)を有する又はHIVの感染が明らかである*。(6) 妊娠及び妊娠の可能性がある、もしくは授乳中の症例(7) 重篤な精神疾患の既往、または治療中であり、 臨床研 究 への参加が困難と判断される症例(8) 尿路感染症の症例3(9) そその他、担当医師が対象として不適当と判断した症例の他、担当医師が対象として不適当と判断した症例"

問い合わせ先

実施責任組織 岐阜大学
問い合わせ先組織名 岐阜大学医学部
部署名・担当者名 腫瘍外科
電話・Email 0582306000 mfutamur@gifu-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 Chemotaxix Index (CI)の差 IRS(Index Reduction Score) によるCR もし くは PR の ROC-AUC
副次的な評価項目・方法 ①IR S による CR の ROC AUC ②下記の IR S の定義とした際の ROC AUC (CR のみ、 CR もしくは PR それぞれ 1) I RR1(手術前−治療前), 2)IRR2 (手術後− 手術前), 3)IRR3(手術後−治療前 ③画像、腫瘍マ-カー④病理学的診断 (組織学的治療効果の判定基準、添付資料参照 ⑤DFS, OS

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター