臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000041372
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 進行下部直腸癌の腹腔鏡下側方郭清術におけるICG蛍光法を用いたリンパ流評価に関する後ろ向き観察研究
試験の概要 : 直腸癌の腹腔鏡下側方郭清術におけるインドシアニングリーン(ICG)を用いたリンパ流評価の有用性を、ICG蛍光法を実施しない対象群と比較して、ICG蛍光によるリンパ流評価が側方リンパ節郭清個数の増加に有用であることを後ろ向きに検討する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 直腸癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2020/08/10

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 直腸癌に対する腹腔鏡下側方郭清術症例
除外基準 遠隔転移を有する症例, 骨盤内臓全摘症例, 開腹手術またはロボット手術症例, ヨードアレルギー症例

問い合わせ先

実施責任組織 横須賀共済病院
問い合わせ先組織名 横須賀共済病院
部署名・担当者名 外科
電話・Email 046-822-2710 hiro0302.suwa@gmail.com

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 ICG局所投与あり, ICGを0.25mlずつ腫瘍下端レベルの粘膜下に4箇所局所注射する(計1.0ml)ICG局所投与なし
主要な評価項目・方法 側方リンパ節郭清個数
副次的な評価項目・方法 側方リンパ節転移個数、リンパ節総郭清個数、リンパ節総転移個数、30日以内合併症発生率、術中有害事象発生率、再手術率、術後在院日数、手術時間、出血量、CRM、DM、PM、晩期合併症発生率(吻合部狭窄、縫合不全)、術前治療の有無とその詳細、術後治療の有無とその詳細、術後再発の有無とその詳細、局所再発率、無遠隔臓器転移生存率、無再発生存率、全生存率

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター