臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000040929
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 臨床病期Ⅰ-Ⅲ大腸癌の原発巣切除前のCT検査で認められ良悪性の診断が得られない肺結節に関する多施設共同前向き観察研究
試験の概要 : 臨床病期Ⅰ-Ⅲの大腸癌の原発巣切除前のCT検査で認められ,良悪性の診断が得られない肺結節における,大腸癌肺転移の割合を明らかにする

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 大腸癌
試験のホームページURL

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1) 満20歳以上 2) 病理組織学的に大腸癌(腺癌)の診断が得られており,臨床病期I~IIIと診断されている 3) 初回治療として原発病変に対してリンパ節郭清を伴うR0切除を予定している 4) 術前CT検査にて以下の条件を満たす肺結節を認め,肺結節に対する良悪性の診断が画像診断学および組織学的に診断が得られていない ⅰ.大きさ(長径)10mm未満 ⅱ.同側に無気肺,胸水,肺門リンパ節腫大を伴わない ⅲ.周囲が正常な肺組織に囲まれる 5) 本研究の参加に関して、本人から文書による同意が得られる患者
除外基準 1) 他の癌腫の既往歴を有し,最終治療から5年以上の経過していない,もしくは治療中である患者(前立腺癌と乳癌患者は最終治療から5年以上経過していても除外する) 2) 2箇所以上の大腸癌を同時に認める患者 3) 肺以外の明らかな遠隔転移を同時性に認め,cStageⅣと診断されている患者 4) 上記適格基準を満たすが,臨床医が良悪性を判断しうる病変は除く 5) その他,医師の判断により対象として不適当と判断された患者

問い合わせ先

実施責任組織 神奈川県立がんセンター
問い合わせ先組織名 神奈川県立がんセンター
部署名・担当者名 消化器外科
電話・Email 045-520-2222 m.uchiyama@kcch.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 IPNにおける肺転移の割合
副次的な評価項目・方法 肺転移群における悪性の診断までの期間 偽陽性率(肺結節切除症例のうち,良性結節の割合)

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター