臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000040148
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 胃癌・胃GIST患者の血液循環腫瘍DNAのゲノム・エピゲノム統合解析
試験の概要 : 胃・胃GISTにおけるLUNARアッセイの陽性率

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 胃癌、胃GIST
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2020/10/08

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 胃癌コホート1.同意取得日の年齢が20歳以上である。2.病理組織学的に胃腺癌と診断されている。3.登録前60日以内の上部消化管内視鏡検査及び胸腹部・骨盤造影CT検査でa.からd.のいずれかと診断されているa.臨床病期I胃癌(T1-2N0M0)b.臨床病期IIA胃癌(T1-2N1-3M0)c.臨床病期IIB胃癌(T3-4aN0M0)d.臨床病期III胃癌(T3-4aN1-3M0)4.適格規準2-3.の胃癌に対して登録前に治療歴が無く、切除が登録後に企図されている。5.研究計画書に準じて血液検体及び組織検体を提出する意思がある。6.文書で同意が得られている。胃GISTコホートA1.同意取得日の年齢が20歳以上である。2.登録前60日以内の上部消化管内視鏡検査で胃GISTが疑われる又は病理組織学的に胃GISTと診断されている。3.胸腹部・骨盤造影CT検査で明らかな遠隔転移及び腹膜播種を認めない*1。4.適格規準2の胃GISTに対して登録前に治療歴が無く、治癒切除が登録後に企図されている。5.研究計画書に準じて血液検体及び組織検体を提出する意思がある。6.文書で同意が得られている。胃GISTコホートB1.同意取得日の年齢が20歳以上である。2.病理組織学的に胃GISTと診断されている。3.胸腹部・骨盤造影CT検査で明らかな遠隔転移及び腹膜播種を認めない4.適格規準2の胃GISTに対して治癒切除が行われ、周術期治療としてイマチニブを2年以上内服継続している又は周術期治療として3年以上のイマチニブ内服を終了して6ヶ月以内である。5.研究計画書に準じて血液検体及び組織検体を提出する意思がある。6.文書で同意が得られている。
除外基準 胃癌コホート1.無病期間が10年以内の悪性腫瘍(胃癌を含む)の既往歴がある。2.登録前60日以内の胸腹部・骨盤造影CT検査で重複癌が疑われる。3.妊娠している。4.担当医が本研究への登録が不適であると判断する。胃GISTコホートA1.無病期間が10年以内の悪性腫瘍(胃GISTを含む)の既往歴がある。2.登録前60日以内の胸腹部・骨盤造影CT検査で重複癌が疑われる。3.妊娠している。4.担当医が本研究への登録が不適であると判断する。胃GISTコホートB1.適格規準2の胃GIST切除前に無病期間が10年以内の悪性腫瘍(胃GISTを含む)の既往歴がある。2.登録前60日以内の胸腹部・骨盤造影CT検査で重複癌が疑われる。3.妊娠している。4.担当医が本研究への登録が不適であると判断する。

問い合わせ先

実施責任組織 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院
問い合わせ先組織名 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院
部署名・担当者名 消化管内科
電話・Email 04-7133-1111 yoshinak@east.ncc.go.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 Stage-Ⅰ-Ⅲ胃癌・胃GISTにおけるLUNARアッセイの陽性率
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター