臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000039971
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 進行頭頸部扁平上皮癌に対する緩和的寡分割放射線治療(QUAD Shot)の有効性を調べる多施設前向き観察研究 (JROSG 18-2)
試験の概要 : 進行頭頸部扁平上皮癌に対する緩和的寡分割放射線治療(QUAD Shot)の有効性を評価する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 進行頭頸部扁平上皮癌
試験のホームページURL

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1) 進行頭頸部扁平上皮癌(UICC 第8版のステージ III または IV)に対して 3D-CRT または IMRTを用いた緩和的寡分割放射線治療(QUAD Shot;14-14.8 Gy/4回/2日/1コース、休止期間3-6週、合計3コース)を予定している症例。2) 根治的放射線治療(60Gy 以上の通常分割照射)の適応外と判断されている症例。具体的には病変の進行、高齢、合併症などにより根治的放射線治療が困難な症例や根治的放射線治療拒否例など。せん妄のため長期入院管理による通常分割照射が困難な症例なども対象とする。3) 年齢が20歳以上の症例。4) 病理学的に扁平上皮癌と診断され、画像評価が可能な病変を有する頭頸部癌症例。5) ECOG performance status (PS) が0から3の症例。6) 本研究の参加にあたり十分な説明を受けたあと、患者本人の自由意志による文書同意が得られている症例。
除外基準 1) 照射体積と重複する部位に対する放射線照射の既往を有する症例。2) 妊娠中、授乳中または妊娠の可能性のある症例。3) その他、担当医師が本研究の参加に適切ではないと判断した症例。

問い合わせ先

実施責任組織 特定非営利活動法人日本放射線腫瘍学研究機構
問い合わせ先組織名 熊本大学
部署名・担当者名 放射線治療医学分野
電話・Email +81963735522 ryo108@kumamoto-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 3コースの治療完遂割合。
副次的な評価項目・方法 3コース終了1ヶ月後における画像上の腫瘍縮小効果、理学所見による腫瘍縮小効果、全生存期間、無増悪生存期間、QOL スコア、有害事象、追加治療。

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター