臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000039055
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : フレイルが根治的膀胱全摘徐術の尿路変向選択に与える影響(FRAUD試験)
試験の概要 : To investigate the association of the frailty with urinary diversion after radical cystectomy (RC) in patients with muscle-invasive bladder cancer (MIBC).

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 膀胱癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 試験終了
公開日・最終情報更新日 2022/12/06

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 Localized muscle-invasive bladder cancer patients who underwent radical cystectomy and urinary diversion
除外基準 1) Localized muscle-invasive bladder cancer patients who do not undergo radical cystectomy and urinary diversion, and 2) who do not undergo frailty assessments.

問い合わせ先

実施責任組織
問い合わせ先組織名 Dept. of Urology, Hirosaki University Graduate School of Medicine
部署名・担当者名 泌尿器科
電話・Email 0172395091 shingoh@hirosaki-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 The primary purpose was the effect of frailty on urinary diversion selection after radical cystectomy (RC) in patients with muscle-invasive bladder cancer (MIBC).
副次的な評価項目・方法 Secondary purposes included the association of frailty on complications and the effect of frailty on overall survival.

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター