臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000038682
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 下肢原発悪性骨腫瘍患者に対する運動療法の非盲検単群試験
試験の概要 : 小児・若年成人骨軟部肉腫患者を対象として、患肢以外の四肢や全身に対してプログラムされたリハビリテーションを行うことにより、治療中あるいは終了時のQOLがヒストリカルコントロールと比較して高まることを非盲検単群試験により検討する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 下肢原発悪性骨腫瘍
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2019/11/25

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 下肢原発の悪性骨腫瘍患者原発巣の摘出手術が行われる予定である術前、術後化学療法を施行する予定である調査票の設問の内容を理解し回答できる本研究への参加について、本人又は代諾者(同意取得時の年齢20歳未満の場合)からの同意が文書で得られている
除外基準 (1)リハビリテーションを行うことが身体的に困難な患者(2) 心、呼吸器の合併症を有する患者(3) その他、研究責任者が研究対象者として不適当と判断した患者

問い合わせ先

実施責任組織 独立行政法人国立病院機構(名古屋医療センター臨床研究センター)
問い合わせ先組織名 国立病院機構名古屋医療センター
部署名・担当者名 小児科
電話・Email 052-951-1111 nobuhiroakita0728@gmail.com

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 リハビリ約30分から1時間程度で実施可能なリハビリテーションをプログラム化し指導する治療期間中にこのリハビリテーションを自己管理下で実施する
主要な評価項目・方法 QOL調査 (QLQ-C30における疲労)
副次的な評価項目・方法 QOL調査 (QLQ-C30における疲労以外の項目)機能評価 (MSTS下肢、TESS)上腕、大腿、膝蓋骨近位、下腿周囲径筋力有害事象

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター