臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000031591
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 放射線治療計画装置ビームモデリングにおける検出器の有感体積がIMRT線量検証に与える影響: LDA-99SCと電離箱線量計の比較
試験の概要 : ビームモデリングで使用する検出器の有感体積がIMRT線量検証に与える影響を調べる。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 恵佑会札幌病院でIMRTを受けた頭頸部癌、前立腺癌患者
試験のホームページURL http://www.keiyukaisapporo.or.jp

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 限定募集中
公開日・最終情報更新日 2018/03/05

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 2012年1月以降に恵佑会札幌病院でエレクタシナジーリニアックによりIMRT治療を受けた頭頸部癌、前立腺癌各20例ずつ。
除外基準 4MVのX線により治療された頭頸部癌患者

問い合わせ先

実施責任組織 恵佑会札幌病院
問い合わせ先組織名 恵佑会札幌病院
部署名・担当者名 事務部
電話・Email +81-11-863-2101 nhongo@keiyukaisapporo.co.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 適切なビームモデリングための検出器の選択 (LDA99 vs. ion chamber)
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター