臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000030426
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 造血幹細胞移植関連合併症予防における リコンビナントトロンボモジュリン(rTM)の有用性に関する 多施設共同研究
試験の概要 : 造血幹細胞移植関連合併症予防とリコンビナントトロンボモジュリン(rTM)

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 造血幹細胞移植
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 限定募集中
公開日・最終情報更新日 2017/12/16

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1. 同種造血幹細胞移植(BMTもしくはPBSCT)を予定している患者臍帯血移植症と特殊移植(ハプロ移植あるいは半合致移植等)は除外とする。2. 寛解期の移植(非寛解期は含まない)患者3. Performance status (PS) 0-2の患者4. 一座不一致以上のHLA適合患者5. 主要臓器(心、肺、肝、腎)の機能が保たれており、心駆出率≧50%、酸素非投与下のSpO2≧95%6. 前処置はMAST (LISTは含まない)7. 同意取得時のクレアチニンが1.5mg/dL未満の患者8. 同意取得時のASTおよびALTが100 U/L未満の患者9. 同意取得時の年齢が20歳以上、65歳未満の患者10. 文書による研究参加に対する同意が得られた患者
除外基準 1. 基礎疾患以外に重篤な合併症を有する患者2. 研究対象薬の禁忌に該当する患者3. 研究対象薬に対する過敏症の既往を有する患者4. 同意取得時のeGFRが30 mL/分/1.73m2未満の患者5. 妊娠中、授乳中、妊娠している可能性または予定のある患者6. その他、研究責任医師、分担医師が不適切と判断した患者7. HIV抗体が陽性の患者8. 同種移植の既往を有する患者9. 移植前13日以内にプロトコール治療以外の化学療法の追加を要する患者

問い合わせ先

実施責任組織 関西医科大学
問い合わせ先組織名 関西医科大学
部署名・担当者名 内科学第一講座
電話・Email 072-804-2754 nomurash@hirakata.kmu.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 予防・検診・検査
介入の詳細 移植前処置後から移植後21日目まで介入なし
主要な評価項目・方法 ベースライン(day 0: 移植当日)からday 100までの移植関連合併症の群間比較
副次的な評価項目・方法 ベースライン(day 0: 移植当日)からday 100までのバイオマーカーの群間比較

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター