臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000028877
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 進行がん患者のがん関連倦怠感に対する デキサメタゾン8mg内服、 または、デキサメタゾン6.6mg注射の 多施設共同第Ⅱ相試験
試験の概要 : 一般病棟に入院中の緩和ケアを受けている進行がん患者、または、緩和ケア病棟に入院中の進行がん患者のうち、中等度以上{Numeric Rating Scale(NRS)4以上}の倦怠感を有する患者に対する、デキサメタゾン内服8mg 7日間投与、または、デキサメタゾン静注6.6mg 7日間投与の有効性を示すこと

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 悪性腫瘍(がん関連倦怠感)
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 限定募集中
公開日・最終情報更新日 2018/02/28

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 ・進行・再発固形がんと診断されている・20歳以上・予後30日以上・抗がん治療の予定がない・入院し緩和ケアを受けている・Performance status 0-3・倦怠感NRS 4/10以上・日本語理解可能・文書で同意が得られている
除外基準 ・1週以内にコルチコステロイドが使用されている・4週以内に手術が施行されている・2週以内に放射線治療が施行されている・2週以内に抗がん治療が行われている・糖尿病や感染症、認知機能障害

問い合わせ先

実施責任組織 国立がん研究センター東病院
問い合わせ先組織名 国立がん研究センター東病院
部署名・担当者名 緩和医療科
電話・Email 04-7133-1111 tomiura@east.ncc.go.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 本試験の試験治療は以下のうちいずれかである・デキサメタゾン錠 4mgを1回2錠 1日1回 朝食後に7日間内服後、デキサメタゾン錠 4mgを1回1錠 1日1回 朝食後に7日間内服する。・デキサメタゾン注 6.6mgを1日1回 朝食後に7日間静脈注射後、デキサメタゾン注3.3mgを1日1回朝食後に7日間静脈注射する。
主要な評価項目・方法 治療開始から8日目の倦怠感スコア(FACIT-Fatigueサブスケール)の変化量
副次的な評価項目・方法 ・倦怠感スコアの変化(NRS)・個別の治療目標の達成率・症状の変化(ESASr-J, FAACT)・身体機能の変化・患者満足度・有害事象

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター