臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000028740
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : BRCA1/2遺伝子バリアントとがん発症・臨床病理学的特徴および発症リスク因子を明らかにするための卵巣がん未発症を対象としたバイオバンク・コホート研究
試験の概要 : 本邦のBRCA1/2病的バリアント保持女性における卵巣癌、卵管癌及び腹膜癌の発症率と発症リスク因子を明らかする。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 BRCA1またはBRCA2のバリアント保持者卵巣癌・卵管癌・腹膜癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 JGOG参加施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2017/11/25

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 女
選択基準 (1) BRCA1/2遺伝子(BRCA1及びBRCA2のいずれか一方又は両方)の病的バリアント例、及びvariant of uncertain significance(VUS)の女性。(2) 十分な遺伝カウンセリングを受けた者。なお遺伝カウンセリングは登録施設以外の施設でもよい。(3) 同意取得時の年齢が20歳以上の者。(4) 文書による同意が本人より得られている者。
除外基準 (1) 同意取得時に卵巣、卵管を有していない者。(2) 卵巣癌、卵管癌及び腹膜癌と診断された者。乳癌罹患の有無は問わない。(3) その他、研究責任者が本研究の対象として不適当と判断した者。

問い合わせ先

実施責任組織 特定非営利活動法人(NPO)婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)
問い合わせ先組織名 公益財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
部署名・担当者名 プロジェクトマネジメント部
電話・Email 078-303-9108 s-nakagawa@tri-kobe.org

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 卵巣癌、卵管癌及び腹膜癌の発症
副次的な評価項目・方法 (1)卵巣癌、卵管癌及び腹膜癌の発生、及びRRSO施行者における病理組織学的評価によるオカルト癌陽性の発生(2)あらゆる原因による死亡(3)卵巣癌、卵管癌及び腹膜癌による死亡(4)RRSO施行者における病理組織学的評価によるオカルト癌陽性(5)RRSO施行後の期間も含めた卵巣癌、卵管癌及び腹膜癌の発生(6)RRSO施行後の期間も含めたあらゆる原因における死亡

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター