臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000025980
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 悪性リンパ腫におけるFAMT-PETの 治療効果と予後予測における有用性の探索試験
試験の概要 : FDG-PETは偽陽性があり、炎症との鑑別が難しいときがある。一方、FAMT-PETは腫瘍特異度の高い検査であり、今回、悪性リンパ腫の治療効果判定における有用性を検討するため本試験を計画した。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 悪性リンパ腫
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 該当無し
公開日・最終情報更新日 2017/02/03

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 ・化学療法未治療例の悪性リンパ腫・ECOG-PS 0-2の症例・測定可能な病変がある症例・文書による同意が得られた症例
除外基準 ・妊娠中及び授乳中の症例・胸部単純X線検査で明らかであるか症状を有する間質性肺炎症例・膠原病・自己免疫性疾患を有する症例・主治医もしくは研究担当者が不適当と判断した症例

問い合わせ先

実施責任組織 群馬大学
問い合わせ先組織名 群馬大学医学部附属病院
部署名・担当者名 がん治療臨床開発学
電話・Email 027-220-8222 kkaira1970@yahoo.co.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 診断
介入の詳細 化学療法前と治療2コース後にFAMT-PETを行う
主要な評価項目・方法 FAMT集積(SUVmax、MTV、TLGの治療前後での変化率)と化学療法の効果の関係化学療法療法開始前、2コース後に評価する
副次的な評価項目・方法 生存と毒性

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター