臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000025523
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 腹腔鏡下手術用触覚センシング・システム
試験の概要 : 腹腔鏡手術における触診システムを開発する.

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 胃癌, 胃GIST
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 名古屋大学医学部附属病院
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 開始前
公開日・最終情報更新日 2017/03/01

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1. 胃癌: cStage IA(T1N0)cStage IB(T1N1, T2[MP]N0)or Stage IIA(T3[SS]N0),あるいは(胃内発育型の)胃GIST2. PS(ECOG): 0 or 13. 上腹部開腹既往無し.
除外基準 1. >38℃の発熱.2. 妊娠3. 不安定狭心症,または6ヶ月以内の心筋梗塞4. コントロール不良の高血圧5. コントロール不良のDM

問い合わせ先

実施責任組織 文部科学省
問い合わせ先組織名 名古屋大学
部署名・担当者名 大学院医学系研究科附属クリニカルシミュレーションセンター
電話・Email 052-744-2238 mfuji@med.nagoya-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 診断
介入の詳細 新開発の触診鉗子で,病変,ありは標識クリップの箇所を探索する.
主要な評価項目・方法 早期胃癌,胃内発育型GISTの病変あるいは標識クリップ位置を検出可能かどうか.
副次的な評価項目・方法 ディスプレイ装置が,手術遂行に支障がなく,他の手術機器と干渉せずに,実際の手術で使用できるシステムかどうか.

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター