臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000024045
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 頭頸部癌におけるL-グルタミンの化学放射線療法による口腔内膜炎への効果に関する研究
試験の概要 : 頭頸部癌におけるL-グルタミン投与の有用性の検証

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 頭頸部癌
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 該当無し
公開日・最終情報更新日 2016/09/14

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1) 20歳以上の患者2) 頭頸部癌の患者3) 入院にて化学放射線治療を受ける患者4) 前回の化学療法、放射線療法の毒性から回復している患者5) 同意の得られた患者
除外基準 1)グルタミン製剤の投与が不可能な患者2)重篤な肝障害患者3)重篤な腎障害患者4)L-グルタミンに過敏症の既往のある患者5)妊娠、授乳中の患者6)活動性の重複癌の患者7)精神病または精神症状を合併しており試験への参加が困難と判断される患者8)医師が不適当と判断した患者9)オピオイドを使用していない患者

問い合わせ先

実施責任組織 文部科学省
問い合わせ先組織名 滋賀医科大学附属病院
部署名・担当者名 栄養治療部
電話・Email 077-548-2519 maiapril@belle.shiga-med.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 L-グルタミン群:治療開始4日前よりCRT終了までL-グルタミン1日1−3回を開始する。コントロール群:治療開始4日前よりCRT終了までプラセボ1日1-3回を開始する。
主要な評価項目・方法 口腔粘膜炎のCTCAEスコア
副次的な評価項目・方法 1)身体測定 体重、BIA(除脂肪体重、体脂肪率)、握力2)消化器症状 下痢、味覚異常の有無、食欲3)QOL EORT-QLQ-C304)血液検査 Alb,TP,PA,RBP,DAO活性、炎症性サイトカインIL-6,アクティブグレリン5)栄養量 経口摂取、経腸栄養剤、輸液栄養6)オピオイドの使用期間および総使用量7)CRTの完遂率

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター