臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000022175
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : ダヴィンチ手術システムを用いた、ロボット支援胸腔鏡下縦隔腫瘍摘出術の有用性と安全性の検討
試験の概要 : 手術時間、術中出血量、術中・術後合併症、摘出病変の病理組織学的所見を検討し、本手術の短期成績としての有用性と安全性を検討する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 縦隔腫瘍
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2019/05/08

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 縦隔腫瘍がCTなどの画像検査で確認され、病変の直径が5cm以下であること画像上周囲組織へ浸潤がないと判断される症例試験参加について、患者本人から文書で同意が得られていること
除外基準 重篤な心疾患を有する患者重篤な肺疾患を有する患者抗凝固薬の中止が不可能である患者病的肥満(BMI>35)の患者本試験に同意が得られない患者その他、担当医が不適切と判断する患者

問い合わせ先

実施責任組織 茨城県立中央病院
問い合わせ先組織名 茨城県立中央病院
部署名・担当者名 呼吸器外科
電話・Email 0296-77-1121 hsuzuki-jpn@umin.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 縦隔腫瘍摘出術をダヴィンチ手術システムを用いてロボット支援下胸腔鏡手術で施行する。
主要な評価項目・方法 手術時間、術中出血量、術中・術後合併症、摘出病変の病理組織学的所見、および術後成績
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター