臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000014095
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 消化管がんにおける末梢循環腫瘍細胞Circulating tumor cells(CTCs)の遺伝子検査の有用性の検討 (Circle-1, Circle-2 Trial)
試験の概要 : Circle-1:CTCs上での各種バイオマーカーの結果と組織上での遺伝子検査などの結果の一致割合(concordance)をエンドポイントに、CTCsを用いた系が妥当かどうかを判断する。Circle-2:分子標的治療薬投与中における、標的遺伝子のCTCs上への変化と治療効果の変化との相関があるかどうかを確認する。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 消化管がんcStage IV
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 第Ⅱ相
試験進捗状況 限定募集中
公開日・最終情報更新日 2021/06/02

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 Circle 1:1) 組織学的に消化管がん(食道がん、胃がん、大腸がん)と診断され、臨床的に全身化学療法の適応と判断されている。組織学的確認は必須である。2) 年齢20歳以上。3) 本研究登録前に研究内容の十分な説明が行われた後、患者本人から文書による同意が得られている。Circle 2:組織学的に消化管がん(食道がん、胃がん、大腸がん、GISTなど)と診断され、臨床的に全身化学療法の適応と判断されている。組織学的確認は必須である。2) 年齢20歳以上。3) 分子標的薬を用いる薬物療法が行われることが予定されている。4) 本研究登録前に研究内容の十分な説明が行われた後、患者本人から文書による同意が得られている。
除外基準 1) ヒト免疫性不全ウイルス(HIV)または後天性免疫不全症候群(AIDS)関連疾患を有する。2) B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス感染の既往を有する。3) 梅毒感染の既往を有する。4) 担当医師が不適当と判断した患者。

問い合わせ先

実施責任組織 厚生労働省
問い合わせ先組織名 国立がん研究センター
部署名・担当者名 消化管内科
電話・Email 03-3542-2511 hshouji@ncc.go.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 該当無し
介入の詳細
主要な評価項目・方法 Circle I :CTCs上での遺伝子検査の結果の一致割合Circle II:CTCs上の標的遺伝子の変化と、分子標的薬を用いた治療効果との相関
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター