臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000011771
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 造影CT, 拡散強調MR画像, FDG-PETによる胸膜病変鑑別診断能の比較に関する前向き検討
試験の概要 : 目的はびまん性中皮腫と線維性胸膜炎などの非腫瘍性胸膜肥厚の鑑別における造影CT, 拡散強調MRI、FDG-PETの有用性をプロスペクティブに検討することである。

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 中皮腫
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 埼玉医科大学国際医療センター(埼玉県)
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 開始前
公開日・最終情報更新日 2013/09/14 17:46:15

試験に参加できる条件

年齢・性別 20歳 ~ 男女両方
選択基準 1)原因不明の再発する胸水貯留および/または原因不明の胸膜肥厚があり、胸水穿刺を含む他の検査、画像診断により肺癌、中皮腫等の悪性腫瘍の診断が確定できない患者2)入院・外来は問わない3)性別は問わない4)石綿曝露の臨床歴は問わない5)本研究の参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、患者本人の自由意思による文書同意が得られた患者
除外基準 1)病理学的診断がすでに確定している症例2)すでに手術などの侵襲的治療を施行した症例3)担当医師が不適当と判断した場合4)MRI検査禁忌の患者(ペースメーカー使用など)5)ヨード造影剤およびガドリニウム造影剤が使用できない患者(過敏症の既往歴のある患者など)

問い合わせ先

実施責任組織 埼玉医科大学国際医療センター
問い合わせ先組織名 埼玉医科大学国際医療センター
部署名・担当者名 共通部門放射線科(画像診断科)
電話・Email 042-984-4520 fmksakai@yahoo.co.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 診断
介入の詳細 臨床的に中皮腫と疑われる症例を前向きに登録した後、6週間以内にCT検査(単純CT、造影CT)、MRI検査(単純、造影)、FDG-PET検査を実施する。
主要な評価項目・方法 造影CT,DWI-MRI, FDG-PETによる中皮腫、肺癌播種と良性疾患(胸膜炎)の総合画像診断能(感度、特異度、正診率)を確定診断と比較する。
副次的な評価項目・方法 ・中皮腫、肺癌播種と良性疾患(胸膜炎)の特徴的所見を検討する•造影CT,DWI-MRI, FDG-PETのモダリティー間の診断能(感度、特異度、正診率)を比較する

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター