臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000011195
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 開腹術後疼痛管理におけるフェンタニルまたはモルヒネIV-PCAの比較対照研究
試験の概要 : 開腹術の術後鎮痛法としてフェンタニルまたはモルヒネを用いた静静脈内自己調節鎮痛法(IV-PCA: intravenous patient controlled analgesia)を用い,その効果および安全性について検討する

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 開腹手術症例
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2013/07/16

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 アメリカ麻酔学会の全身状態分類でⅠ−Ⅱの開腹術を予定された成人患者で、何らかの理由で硬膜外麻酔を施行できない症例の中で.同意が得られた40症例
除外基準 18歳未満および80歳以上の症例,1週間以上のオピオイド使用歴のある症例,薬剤濫用歴のある症例,オピオイドに対してアレルギーの既応のある症例,PCAを自己判断で使用できない症例

問い合わせ先

実施責任組織 札幌医科大学医学部
問い合わせ先組織名 札幌医科大学医学部
部署名・担当者名 麻酔科
電話・Email

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 Group F (フェンタニル群):n=20Group M (モルヒネ群):n=20
主要な評価項目・方法 疼痛スコア追加鎮痛薬使用状況副作用(嘔気,鎮静,呼吸抑制)
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター