臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000007523
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 5-aminolevulinic acid(ALA)内服による表在性皮膚悪性腫瘍及び毛包脂腺系腫瘍に対する光線力学療法
試験の概要 : 毛包脂腺系腫瘍および浅在性皮膚悪性腫瘍に対して5-aminolevulinic acid内服での光線力学療法の効果についての検討

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 浅在性皮膚悪性腫瘍および毛包脂腺系腫瘍
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2012/03/18 11:16:55

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 本調査内容を説明した後、文書で同意が得られた患者
除外基準 下記のいずれかを満たすもの① 5-ALAやポルフィリンへの過敏症の既往がある患者② 妊娠中、授乳中または妊娠の可能性のある女性③ 急性または慢性ポルフィリン症の患者④ 腎機能障害(血中クレアチニン≧2.0mg/dl⑤ 肝機能障害(γ-GTP値 100IU/L以上、プロトロンビン時間60%以下、総ビリルビン値3mg/dl以上)⑥ その他、担当医師が本研究への参加を不適当と判断した患者

問い合わせ先

実施責任組織 大坂市立大学大学院医学研究科形成外科
問い合わせ先組織名 大阪市立大学
部署名・担当者名 形成外科
電話・Email ozawa@med.osaka-cu.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 5−ALAを治療2時間前に経口投与。その後、病変に色素レーザーを10Jで照射する。1ヶ月に1回照射し、合計3回の治療を行う
主要な評価項目・方法 5-aminolevulinic acid内服での光線力学療法の効果(奏効率)
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター