臨床試験情報

臨床試験ID : UMIN000003240
情報提供元 : 大学病院医療情報ネットワーク研究センター
試験名 : 造血幹細胞移植後シクロスポリン・タクロリムス血中濃度に対する抗真菌薬イトラコナゾールの影響を検討する臨床試験
試験の概要 : シクロスポリン(CyA)またはプログラフ(TAC)とイトラコナゾール(ITCZ)を併用する造血幹細胞移植(HSCT)患者を対象に、ITCZ血中濃度がCyA・TAC血中濃度へ及ぼす影響を前向きに検証する

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 造血器疾患
試験のホームページURL http://www.3nai.jp/service/index.html

実施施設&進捗状況

試験実施施設
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 一般募集中
公開日・最終情報更新日 2010/02/23 15:49:47

試験に参加できる条件

年齢・性別 問わない 男女両方
選択基準 以下の3要件を満たす患者。1. 造血器疾患に対し同種造血幹細胞移植(HSCT)後CyAまたはTAC投与が予定されている2. ITCZ投与中または投与が予定されている3. 研究参加の同意が文書で得られている
除外基準 以下の要件のいずれかを満たす患者。1. ASTまたはALTが施設正常値上限の5倍以上2. 総ビリルビン値が2 mg/dL以上3. ITCZの過敏症既往歴4. クレアチニンクリアランスが30 mL/分未満5. ITCZ併用禁忌薬を使用中または使用を予定している6. 担当医が、研究参加に不適切と判断

問い合わせ先

実施責任組織 金沢大学大学院医学系研究科 細胞移植学
問い合わせ先組織名 金沢大学大学院医学系研究科
部署名・担当者名 細胞移植学
電話・Email 076-265-2000 ishiyamak@med3.m.kanazawa-u.ac.jp

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細 ITCZとしてイトリゾール内用液1% 20 mlを1日1回 午前11時に内服、またはイトリゾール注1% 200mgを1日1回 11時〜12時に点滴静注する。CyAはサンディミュン注射液を1日2回 8時〜11時、20時〜23時に点滴静注またはネオーラルカプセルを1日2回 8時、20時に内服し、目標トラフ値:250ng/mlとなるよう投与量を適宜増減する。TACはプログラフ注射液を24時間持続点滴静注またはネオーラルカプセルを1日2回 8時、20時に内服し、目標トラフ値:10ng/mlとなるよう投与量を適宜増減する。
主要な評価項目・方法 ITCZ投与時の血漿中CyA・TAC濃度および濃度/用量 (C/D)比を予測する計算式の作成
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター