臨床試験情報

臨床試験ID : R2B-45
情報提供元 :
試験名 : [先進医療B]重粒子線治療
試験の概要 : 本試験は、遠隔転移が無い直腸癌術後骨盤内再発で、治癒切除の適応のない症例を対象とし、重粒子線治療の有効性および安全性を評価することを目的とした、多施設共同非盲検単群試験である。炭素イオン線治療(重粒子線治療)は各施設に設置された医用重粒子加速器および照射装置を用い、1 日1回4.6GyE、2 週間で6-8回を原則とし、合計16 回、総線量73.6GyE を照射する。・主要評価項目:3 年生存率・副次評価項目:局所制御期間、全生存期間、無増悪生存期間、費用対効果、uality of Life(QOL)の評価、有害事象・予定試験期間:5年(登録期間:2年、観察期間3年)・予定症例数:32 例

基本情報       患者さん一人一人の状況に応じた判断が必要ですので、詳しくは診療を担当している医師にご相談ください

対象疾患名 直腸がん(術後に再発したものであって、骨盤内に限局するものに限る。)
試験のホームページURL

実施施設&進捗状況

試験実施施設 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院 群馬大学医学部附属病院 神奈川県立がんセンター 九州国際重粒子線がん治療センター 兵庫県立粒子線医療センター 大阪重粒子線センター
試験のフェーズ 該当せず
試験進捗状況 該当無し
公開日・最終情報更新日 2020-04-17

試験に参加できる条件

年齢・性別
選択基準
除外基準

問い合わせ先

実施責任組織
問い合わせ先組織名
部署名・担当者名
電話・Email

評価&介入

試験の種類 該当無し
介入の目的 治療・ケア
介入の詳細
主要な評価項目・方法
副次的な評価項目・方法

よりよい情報提供を行うために、ご協力をお願いいたします。

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

(c) 国立研究開発法人国立がん研究センター